SPEEDLITE

Camera, Gear + App, Works

取材時の撮影
WEB用の素材として料理を撮る場合、
時間もかけられず撮影場所も狭いため、
コンパクトでスピーディーな撮影が必要です。
 
写真:長州屋台村「時代屋 はる」さんの「思い出のナポリタン 680円」
20150427-007
 
最近使うことの多いスピードライト
TTL測光もできるので、フラッシュメーターで露出を測ることもありません。
カメラの設定そのままで写る優れものです。
さすがにカメラの頭(ホットシュー)に付けたのでは、ライティングなんてことにはなりません。
最近は無線でシンクロさせるのが主流でして、いい位置にストロボを設置できるんです。
使用した無線シンクロ装置は、
YONGNUO YN622C-TX(親機)
YONGNUO YN622C(子機)
TXはカメラのホットシューへ、光量調整まで可能な優れもの。
100mくらい離れても発光しちゃいます。(そんな撮影無いですけど…)
 
今回は、店舗情報の取材とWEB用の料理単品を1カット。
店舗情報取材5分
ライティングセット組み5分
料理が出て来るまでにテスト撮影+待ち時間5分
本番撮影3分
撤収2分
料理を美味しくいただいて、お店の方と雑談10分
合計30分程度の取材でした。(-_^)
 
 
長州屋台村「時代屋 はる」さん
山口県下関市中之町(亀山八幡宮そば)
http://choshuyataimura.com

カテゴリー

アーカイブ

サイト内検索